• HOME
  • 遺伝子から始める「個別化医療」
遺伝子から始める「個別化医療」

現代医療の問題点

個別化医療

病気になった段階で受診し、診察を行うことが現在の医療の中心となっています。つまり、病気が進行し重症化した段階で医療機関を訪れます。そのため、進行がんで命を落としたり、治療できたとしてもその後の生活の質(QOL)が低下してしまうことが多々あります。これは臨床の現場にいる医師が日々痛感していることなのです。しかし、疾患の大部分は、遺伝的素因の基に環境因子が加わることで発症するのです。わかり易く言うと、生まれ持った遺伝子レベルの要因にその人の生活習慣が加わり、病気となっていくのです。根幹的な原因を考慮することなく、疾患が発症してから場当たり的な治療を行うのが現在の医療だとしたら、今後大切なのは、病気の要因の最も上流に位置する遺伝子検査に加え、問診や診察、一般検査、更に当院独自の検査を行うことにより、薬物療法のみならず、食事療法を含む生活習慣の改善を指導し、予防医学的に「未病対策」を実践していくことだと思います。

当院では、症状や疾患に合わせたそれぞれの遺伝子検査に加え、一般的な検査に含まれていない血液や画像検査などの詳細な生体情報を総合的にお調べし、少ない変化も見逃さないことで、一人ひとりに適した「遺伝子ケア」「個別化医療」を提供いたします。

当クリニックの特徴

予防・未病や治療のため、生体情報や遺伝子検査と目的に合わせた様々な検査を行い、総合的な対策を実施します。

総合診療

当院では「科」の垣根を乗り越えて診察します。
【例1】
遺伝子検査を含む様々な検査をして診断がついたことにより、数々の症状が1つの原因から生じていたことがわかりました。
【例2】
セカンドオピニオンとして受診された方に、それまでの検査データを解析し、 詳しく説明することで、安心してその後の治療を受けていただきました。
※最善の治療法の選択肢を提示し、専門医を紹介することもあります。

予防医学

家族歴を含む詳細な問診や診療に加え、遺伝子検査により一人ひとりの遺伝的特性を把握し、対象となる疾患に対して必要な検査・画像検査などを行います。 当クリニックの人間ドックでは、遺伝子検査を含む臨床検査のみでなく医学的に患者様の生涯をフォローするための計画を立て、継続的に診させていただきます。そのため、検査の結果説明、それに対する対処(医学的治療・サプリメント・漢方・食事療法・運動療法など)の説明・指導、さらにその後の経過のチェック・修正・それらを踏まえた次年度の適切な検査項目の設定というように、継続的に患者様自身を総合的にフォローいたします。これが当院の提唱する検診システムです。

その他専門医による処方に加え、サプリメントや点滴などのオーダーメイドサービスのご提供や
日本初のDNA Testing Center体制で患者様をサポートいたします。

DNA Tessing Center.

DNA Tessing Center.

臨床遺伝学を実践する医師を中心として、看護師、遺伝学の知識を備えたカウンセラーからなるメディカルチームでご対応させていただきます。

点滴療法

点滴療法

プログラムに基づいた点滴(高濃度ビタミンC・プラセンタ・マイヤーズカクテルなど)

栄養療法

栄養療法

プログラムに基づいた様々な医療用サプリメント

医療法人社団創世会ジェネシスメディカルクリニック六本木

クリニック移転のお知らせ

平素より、創世会ジェネシスメディカルクリニック六本木をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。
この度、当クリニックは移転に伴い、7/14(金)をもちまして六本木での診療を終了いたします。

新クリニックは7月以降の開院を予定しております。
詳細につきましては、こちらのホームーページにてお知らせさせていただきますので
新規開院までしばらくお待ちください。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご容赦を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


お問い合わせはこちら:info@genesis-mc.com



医療法人社団創世会 ジェネシスメディカルクリニック六本木
院長 東田俊彦