• HOME
  • 遺伝子検査とは
遺伝子検査とは

遺伝子検査というとまだまだ日本で広く知れ渡っていません。怖いとか、高いとか、といったイメージがあるかもしれません。ところが、近年技術の革新的な進歩により、とても身近なものとなってきています。遺伝子はその人が持っている根本的な生命の設計図と言えます。遺伝子の情報は一度調べると一生変わりません。
日本では病気になってから病院へ行く方がほとんどです。ところが、重大な病気の場合はその時点ではすでに手遅れになります。遺伝子を調べる事により、病気になる前に、どういった病気になるリスクが高いのかを知ることが出来ます。知ることにより、早期治療や対策を取ることが可能となります。

遺伝子検査とは、遺伝的な個人差「遺伝子多型」を診断することからはじめます。

例えば、生活習慣病の代表格「血管障害・高血圧・がん」などがあります。そんな生活習慣病になりやすい遺伝子を持っていると、食生活の偏りや偏食によって発症しやすくなったり、悪化すると考えられます。
人の体を形を作っている「たんぱく質」、そのタンパク質を作る設計図となる遺伝子には、多型が存在し、個人差を生んでいます。 この個人差に環境や生活習慣が少しずつ積み重なるように影響を与えることで健康を害し、病気を発症すると考えます。 まずは、臨床遺伝学の専門医師から、ご自身の個性をお伝えし、予防医療や疾病治療を実践いたします。

遺伝子検査の方法

遺伝子検査方法は目的に応じていくつかの方法があります。
  • 唾液採取
  • 採取棒
  • 血液
どの方法も難しいものではなく、時間もかかりません。 それぞれ採取後に、国内のラボへ送り解析を行います。 期間は、2週間~6週間程度です。 検査結果が出ましたら、医師とカウンセリングを行います。

遺伝子検査キットを民間で受けた方へ

遺伝子検査キットを民間で受けた方も結果をクリニックで利用可能です。提携先のジェネシスヘルスケア株式会社が民間向けに発売している検査キット「GeneLife®」、またジェネシスヘルスケア株式会社の協業先企業を通じて検査を受けた方々が、ご自身の遺伝子検査の結果をもとに、医師のカウンセリングを受けることができます。
疾患を発症している方々は、総合診療内科、アレルギー科、内分泌科などの診療科目に該当する診断目的の遺伝子検査を中心に特殊な血液検査や尿検査、画像診断に加え遺伝子ドックの結果を総合判断し個別化医療の実践に活用いたします。 事前にお問い合わせください。

当院では以下のような診療内容において、
遺伝子検査をベースに個人に応じた診療を行っています。

遺伝子検査に関するご相談、来院予約はこちらからお気軽にどうぞ。

お電話の場合

0355753601
お問い合わせ
医療法人社団創世会ジェネシスメディカルクリニック六本木

クリニック移転のお知らせ

平素より、創世会ジェネシスメディカルクリニック六本木をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。
この度、当クリニックは移転に伴い、7/14(金)をもちまして六本木での診療を終了いたします。

新クリニックは7月以降の開院を予定しております。
詳細につきましては、こちらのホームーページにてお知らせさせていただきますので
新規開院までしばらくお待ちください。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご容赦を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


お問い合わせはこちら:info@genesis-mc.com



医療法人社団創世会 ジェネシスメディカルクリニック六本木
院長 東田俊彦